女性にとって日々の脱毛ケアは欠かせない美の基本です。その手法はシェービングタイプのものから乳母細胞に直接的にダメージを与えるものまで様々な手法があります。しかしながら自宅で自己ケアするにしても、エステやクリニックで施術を受けるにしても、まずはムダ毛がどのように生えているのかを知っておくに越したことはありません。

 

 

全てのもととなるのは乳母細胞。この組織が周辺の血管から十分に栄養分の供給を受けることによって毛の成長が始まります。それゆえ、どれだけ強引に抜いたとしてもこの根本となる乳母細胞が存続している限り、成長は続きますし同じことの繰り返しが行われることとなります。エステやクリニックではこうした繰り返しに終止符を打つべく、レーザーやフラッシュ、またはニードルなどを用いてこの乳母細胞を破壊して何とか根本を断つという手法が採られるのです。

 

 

またムダ毛には成長の周期が存在することも忘れてはなりません。もしも活動の活発な成長期にあれば、乳母細胞が細胞分裂を活発に繰り返し、せっかく抜いても下からスタンバイしているものがまたすぐに生えてきてしまいます。休止期や退行期に入ったものも、しばらく経つと再び成長期に入り、元気に活動を続けることとなります。こうやって数ヶ月ごとに入れ替わりを果たしていくので、エステやクリニックではタイミングを正確に見計らうことによって最も効果的な時に適切な施術を重ねていくことで大きな効果が得られることでしょう。