肌を露出する季節には脇の下のお手入れは欠かせません。

 

 

自己流の間違ったお手入れをして脇の下が黒くぶつぶつなっている状態になってしまったら、肌の下に毛が埋没している状態で非常にやっかいです。この肌の下に埋もれてしまった毛(埋没毛)ができるメカニズムとしてはかみそりや自己処理によって皮膚の表面が傷つくことで毛穴がふさがってしまい皮膚表面から毛がでなくなっている状態です。皮膚の中の毛が埋まったままの状態になり、見た目が黒くぼつぼつとしていて、毛穴もダメージを起こしています。毛がでてきても毛が横に伸びたり、とぐろを巻いていてとても見せられる状態ではありません。全体的に盛り上がった鳥肌状態までなってしまったら半そでになることもできません。また、無理やりに埋もれている毛をほじくりだしたりすることで毛のう炎を引き起こすことも。毛のう炎は毛抜きで無理やり毛をひっぱると毛根が広がり、そこから細菌が侵入し炎症を起こし、シミになって残ってしまいます。皮膚が長時間湿っている状態になると発生しやすいのでお風呂での脱毛も危険です。

 

 

 

かみそりや毛抜きを使った自己流の脱毛は皮膚を傷つけるのですぐにやめて、エステサロンで肌に負担のない脱毛をするといいでしょう。